【傑作】『True Detective』(トゥルーディテクティブ)豪華演技派キャスト!海外ドラマ|カルトミステリー

私自身、人からお勧めされて観ても途中で挫折してしまう、海外ドラマ初心者です。しかし、これまで知る海外ドラマにない壮絶さと興奮で『ヤバイ』と思えた作品を今回紹介します。

(※極力ネタバレはしません)


『True Detective』(トゥルーディテクティブ)

cgxl2tiu4aeq5e4


【作品情報】

タイトル:TRUE DETECTIVE/二人の刑事 (ファースト・シーズン)

製作:スティーヴ・ゴリン

脚本:ニック・ピゾラッド

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ

エピソード:60分×8話

出演:マシュー・マコノヒー、ウッディ・ハレルソン


ストーリー

images

1995年、ルイジアナ州の小さな田舎町で娼婦の死体が発見される。捜査を任された2人の刑事ラスティン・コールとマーティン・ハートは、オカルト儀式のような現場の状況と残忍な手口から連続殺人鬼の凶行と判断。僅かな手がかりをもとに、犯人の行方を追っていく。
時は移って2012年。かつてのオカルト殺人と酷似した死体が発見されたことから事件の再調査が始まり、今は引退したコールとハートが警察署に呼び戻される。果たして、これは同一犯による犯行なのか、それとも模倣殺人なのか。そして、この17年間で2人の間に何があったのか… 。公式サイトより引用


このドラマは「過去」と「現在」の時系列がバラバラになってストーリーが展開されます。

「過去」は1995年の事件発生から2002年まで。「現在」は2012年。冒頭は2人の元刑事が過去を話すところから始まり、一つの猟奇殺人事件をきっかけに17年間二人の刑事に起きたことが明かされていきます。

e0059574_583689

独特の呪術的な描写がたくさんあり、ミステリアスでなんとも言えない怖さを演出。ストーリーが進むにつれ謎が深まります。

「現在」から「過去」へと振り返る中で、二人の会話の中にヒントが数多く残され、事件の真相がどうなっているのか、不安と興味で釘付けになりました。

そして、豪華キャストも見どころの一つ。

今まで海外ドラマに対して、少し安っぽさというか完成されてない感覚があったのですが、やはり、主演を務める刑事二人の俳優の凄さが際立っています。

maxresdefault

マシュー・マコノヒーは映画『ダラス・バイヤーズクラブ』であらゆる映画賞の主演賞を総ナメにし、その演技力と役者としての技量が多くの人に評価されていることはとても有名です。そしてもう一人が、映画『ハンガーゲーム』や『ゾンビランド』『ノーカントリー』など数々の有名作品に出演し、その役の幅の広さや演技力で人気の衰えを知らない名優ウディ・ハレルソンです。

マシューが、アカデミー賞主演男優賞受賞後に放送された最終話の第8話は、視聴者数が100万人以上跳ね上がり、オンラインで配信した直後にはサーバーがダウンするという現象が起き、ニュースにもなったそうです。


二人の対照的な刑事のコンビが事件解決に奮闘する姿、それぞれの思惑や過去が人間としての姿にリアリティを感じました。

一筋縄ではいかないこの難事件にどんなラストが待っているのでしょうか、。

動画観ましたか?この怪しげな雰囲気、かなりヤバめですよね。

海外ドラマの派手な要素はあまりありませんが、サスペンスやヒューマンドラマなど重厚な内容のドラマです。カルトやミステリー、例えばデヴィッド・フィンチャー監督やドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作品が好きな方は是非お勧めしたいです。

ストーリーは淡々と流れて行き、気がつくと没頭し、観終えた後しばらく引きずる面白さがある作品です。(個人的にオープニングがセンス良すぎてツボです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*