ネット社会の怖さ?インターネット、SNS上の事件映画『ディス/コネクト』

次期米大統領に決まった共和党のドナルド・トランプ氏は、大統領選での勝利にはTwitterなどのソーシャルメディアを挑発的に活用したことが役立ったと語り、同氏は「最高のコミュニケーション手段」と評しています

ソーシャルメディア上でのエンゲージメントが実際の投票に影響を与え、トランプ氏が大統領になる可能性が出てくることはわかっていませんでしたが、大統領選挙後には大きくsnsの影響力が注目されました。


総務省の調査によると

最近約1年以内に利用した経験のあるSNSを尋ねたところ、LINE(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)の順となった。それぞれ実名(本名又はこれに準ずる氏名)、匿名(実名以外)のどちらで利用しているかを尋ねたところ、実名利用率(全利用者数に対する実名利用者数の比率)が高かったのはFacebook(84.8%)、LINE(62.8%)であり、低かったのはmixi(21.6%)Twitter(23.5%)

総務省ホームページより引用

 

SNSの利用率及び実名利用率

n420-1

(出典)総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成27年)

リアルタイムで情報が公開され、色々な専門家をフォローすることで、色々な角度から見た情報が得られ、自身でそれらの情報享受をカスタマイズできます。しかし一方で情報や断片的な情報を入手した際、何が真実で何が真実でないかを見極めなければいけないと言われています。

そこで今回はソーシャルメディアを題材にした映画の紹介です!

『ディス/コネクト』(Disconnect)


163905_01

ストーリー


ある少年が、SNS上での嫌がらせを原因に自殺未遂で意識不明に。父親は、息子がなぜ自殺を図ったのかがわからない。一方、嫌がらせをしていた少年は、元刑事の厳格な父との父子家庭で愛情に飢えていた。ソーシャルメディアをきっかけに起きてしまった事件。息子の自殺の原因がまったくわからず困惑する。

「SNSによる成りすましイジメの問題」、「チャット依存症」、「個人情報の流出」、「報道倫理」、「未成年者の売春」

などなど、現実にありそうな問題を描きながらネット社会における危険性をシリアスに描いた人間ドラマです。ネットに関係した事件を複数並行しながらのストーリー展開し、リアリティのある怖さと他人事とは思えない事件。しかし、この映画ではソーシャルメディアをとにかく否定しているわけではありません。重い話ですが、最終的なオチどころがなんとも言えない終わり方で、そういったところにもリアリティを感じました。

e58699e79c9f-2014-06-03-10-22-13

現代社会の問題にフォーカスしたシリアスな事件と家族愛についてのストーリー、決して面白おかしい話ではないですが、緊張感やドキドキがある人間的葛藤を見ては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*