スニーカホリックな人々と漫画「ドロヘドロ」のファッション

どんなものにもマニアやオタクは存在する。メインストリームか外れたマニアアックな人々の趣向は非常に興味深いと思う。

実用性や機能性を満たされるために作られた物が、ある時期から高額な値がつくほど価値がある商品になった。その価値は、マニア集団内部の仲間同士だけが理解できるものだ。

(1985年 AUR JORDAN1 プロバスケットリーグに違反したカラーリング)

特に近年は、新しいスニーカー商品が数多く発売されている。毎年、毎週、毎月数え切れないほど多くのスニーカー商品が各ブランドからリリースされるのを目にする度、スニーカーというプロダクトの魅力や歴史を知りたくなることはないだろうか。

そもそもスニーカーは、イギリスの王ヘンリー13世(1491~1547年)が1571年にそれらしき靴を履いていたという記録から始まる。サンドシューズ、またはプリムソールスと呼ばれ、ヨーロッパ貴族たちが芝生でスポーツする際に着用していたと言われている。

現在ではスタンダードな靴底にゴムを高温接着する技術「ヴァルカナイズ製法」は1839年にアメリカの発明家チャールズ・グッドイヤーが開発したものだ。そうして自転車のタイヤなどゴム製品を使って生産するようになったのがスニーカーの始まりだ。

サブカルチャーと呼ばれる集団には、一般の主流社会では存在しない、通常では考えられない、ありえない価値観、ステータス、規範、基準が存在する場合が多い。意識的にメインストリームに反発する集団であれば、「カウンターカルチャー」とも呼ばれる。

スニーカーカルチャーも形成され始めた当初はカウンターカルチャー的要素を含んでいたそうだ。

「ドロヘドロ」/メインストリームに反発する集団


漫画「ドロヘドロ」のファッションはスニーカーカルチャーを始め、パンクやミリタリーといったメインストリームから逸脱したファッションがある。

特にファッションの中で一番アイコニックなプロダクトとして作中目を引くのがスニーカーだ。80年代に日本で流行したパンクファッションと作中のキャラとファッションにカルチャーが感じられる。

ストーリーはトカゲの頭にされてしまったカイマンが自身の姿と記憶を取り戻すために暴れるという話だ。

陽気な性格と現れる魔法使い達のチートぶり。アンダーグラウンドな世界の中でポップに弱肉強食が描かれている。

(左のシンのシューズは1982年のAIR FOURCE1に似ている)

一見、薄汚くて血なまぐさいストーリーのはずなのだが、キャラクター達は陽気でユーモアがある。

自身は特にサブカルチャーに精通しているわけではない。しかしこの漫画にはサブカルチャーを体現しているように思える。

どの時代でも若者は、様々な方法で社会に反抗し個性を表現し、芸術、映画、ファッション、表現方法など多様なカルチャーを形成してきた。

 (画像左:カイマン)

意図的に、メインストリートとは反対の流れを歩く人間の集まり。ここではアンダーグラウンドな世界で生きるキャラクター達。そして、いかなる時も陽気さと自分らしさをもつ気質とファッション。

メインストリームから外れたキャラ達はその者にしか理解できない。そんなカウンターカルチャーがこの漫画「ドロヘドロ」にはあると思った。

大衆向けでないものは、とてもパーソナルで自負と優越感がある。作中のキャラ達にがリアル(現実)だったとしたら……どうだろうか?

彼らは主流階級(魔法使い)に対する不満や反発的なメッセージを送り、スラングと力で生きている。

元古着屋スタッフのニッチな古着選びのポイント!

完全に出遅れた感が満載ですが、新年明けましておめでとうございます!既に2017年がスタートして早6日目。気を引き締め、2016年より成長の1年にしていきたいと思っています。

アパレルショップではセールがスタートし、狙っていた服を買ったり、福袋を買った方も多いのではないでしょうか?セール品の隣に新作の洋服が並んでおり、春服の季節が待ち遠しくなります。古着屋のスタッフとして働いていたことから古着にはまってしまい、最近は専ら古着を買うことが多いです。今回は私なりに古着を買うときのポイントをまとめてみました。

 

見るべきポイント6選


 

1.サイズ感を確かめる

海外買い付けの古着は規格が様々、自分のサイズにぴったり合う古着と出会うことは非常に稀です。特にミリタリーはほぼ男性用のためサイズが大きいものが多く、オーバーサイズが流行っているといってもアームホールの大きさや、レングスが長過ぎるとリサイズに出さなければなりません。少し面倒かもしれませんが、実際に試着してみることがとっても重要です!見た目に反して意外にシルエットが違ったり、ウエストが緩かったり…、何てことがよくあります。

 

2.原産国を見る

何故なら、今の既製服はほとんどが中国、マカオ、ベトナムなどで製造されているものが多いです。古着の良いところは希少性が挙げられます。せっかく買うなら、希少なものを選んでみては如何でしょうか?個人的に、相当デザインが気に入ったもの以外は「Made in USA」や「ユーロ系」の古着が良いというポリシーがあります。タグをチェックすることはとても重要なんです。

 

3.繊維を見る

タグを見ることで、原産国を知る以外に製品が何の繊維でできているかも見ることができます。今の季節でしたら、ニット製品は動物性の繊維が保温性に優れているのでそちらの方が良いと思います。昔に製造されたものはウール製がほとんど、しかしウールによく似た風合いのアクリル製のものが並んでいる場合もあります。もちろん、ウールはチクチクするから嫌!という人には良いですが、古着はジロンラムウール(特にスコットランド製)という、柔らかく上質なウール素材で作られていたりします。以外に見落としがちな製品表示ですが、見ると珍しい組み合わせで作られたものや、上質なもので作られている場合があります。

 

4.タグのデザイン

タグが可愛いと買ってしまう!そんなこともあります。非常に理解しがたいかと思いますが、有名な老舗ブランドですと、年代によってタグデザインが変わったり、古いものは刺繍が細かいものが多いです。加えてサークルにRが入ったマークをレジスターマークというのですが、このマークが無いものは60年代以降に製造されたものかもしれません。小さなスペースに細かいデザインを入れ、尚且つ人から見えないタグへの「こだわり」…、感動します。

 

5.ジップデザイン

現在はYKKのジップがほとんどなのですが、古着ですと様々なジップがあります。形もユニークで、機能性を考慮した形は細部までの「こだわり」が垣間見えてとても面白いです。しかし、古いものになればなるほど、ジップが壊れたのか付け替えられているものも。これは非常に由々しき問題でもあり、ジップ一つでその古着の価値が大幅に変わります。またジッパーフライの製品は脆くなっているものもあるので、今後も着用し続けたい場合はしっかりと見ておくことが必要です。

 

6.自分の許容範囲外の汚れや傷はないか

以外に傷や汚れがあることもあります。ボロ、言い間違えました、「グランジ」も古着の醍醐味です、しかしどのような場面で着用したいのか考えて状態には気をつけ、特にアウターなどは裏地の状態も見ておくことが必要です。以前買ったアウターのポケットが中でほつれてスマートフォンが落下したなんてことがあります。ビンテージですと「超美品」は全くないですが、レギュラー古着の中にも稀に状態が良くないものがあるので選ぶ際は気にした方がいいと思います。

 

今ほど製造表示がしっかりと記載されておらず、タグが欠損していたり。現在製造されてるものとは違いイレギュラーな点が多い古着ですが、去年雑誌では古着特集が組まれ古着の街中目黒に「中目黒高架下」ができました。古着が再び注目を集め始めているように感じます。ぜひ、古着屋さんに行った際はこのようなポイントを考慮してみては如何でしょうか? 以上、元古着屋スタッフのニッチな古着の選び方でした。