「春眠暁を覚えず」寝すぎた春はすぎたのだ。

久しぶりにワードプレスを開いたら、かなりバージョンアップしていてもはや「プログラミングはできなくてもいいのではないか」っと思った(都合よく自分に言い聞かせた)次第でございます。

お花見シーズンもとうに過ぎ、「昼間暑くて夜寒い」という中途半端な気温が続いておりますね。

唐突ですが久しぶりに更新いたします。


 

 


 

昼間の桜も良いですが、夜桜も素敵ですね!最近は八重桜が咲いているのが目につきます。やっぱり桜はソメイヨシノ派です。

 

【聖杯たちの騎士】「つまりエモすぎて眠くなったのである。」

『クリスチャン・ベイル』、『ケイト・ブランシェット』、『ナタリー・ポートマン』。このビッグネームが出演する映画「聖杯たちの騎士」を観に行った。事前に映画評価を見るのは野暮な事だと思いつつ映画をクリップできるアプリケーションで検索して見ると「眠くなった」「結局何が言いたいのかわからなかった」「意味不明」となかなかの低評価。高評価している人もいるのだが、そういった人達は映画マニアかもしれない、と疑いながら上映がスタートした。

 

聖杯たちの騎士』(原題: Knight of Cups)2015年 アメリカ合衆国

story


映画脚家としてハリウッドで成功したリック(クリスチャン・ベイル)は豪邸やセレブたちのパーティ、誘惑的なクラブ、華やかで享楽的な世界を過ごしていた。しかし、そのような生活の中でリックは「何故私はここにいるのか」「ここではないどこかへ行きたい」と感じていた。そして自分を見失ったリックは6人の女性との出会いへ導かれていく。

 

 

老いた父と将来の可能性を諦めてしまった弟との関係、女性達との関係が同列に進み、ストーリーは途切れ途切れで、全貌が掴めない。劇的な出来事がなく、アンニュイな雰囲気と寂しげなリックの顔が印象的だった。もちろん関係はどの女性も長続きしない。

 


 

Knight of Cupsという名前通り、この映画では『聖杯』は女性達を指し、『騎士』は主人公のリックを指す。「cups」(カップス)と複数形を用いていることから複数の女性を手にした「knight」は女たらしという意味にもなる。聖杯はキリストの血を受けた杯であるが、この映画では聖杯と女性など、複数の意味を含んでいる。ヨーロッパで語られてきた、聖杯伝説を女性に置き換えている感じもした。

「別の人間の人生を歩んできた」という語りが劇中にある。はっきり繋がらない断片的な記憶の映像が流れ、リックが水の中に飛び込むシーンが繰り返される。他人事のように流れる生活の中で、新しい世界を望みながら死と再生の儀式を何度も行う。

 

 

断片的かつスローモーションに流れる映像の中で、度々人の背中が映し出されスクリーンの中の人物と同じ目線になる。映像は美しいし、出てくる女性はみんな美女。オチを期待して見てたら、最終的に裏切られる結果。落ちはないからって感じなのかも。

見た人はこの状況を把握できず、それがリックの人生と重なる。結局「あれは何だったんだ?」と思った。

中盤を過ぎたあたりで館内の色んな所から「ガタッ」「ドスッ」という音が聞こえてきた。何となく分かった。つまりエモすぎて眠くなったのである。

『ローグ・ワン』日本文化のメタファーを感じるスター・ウォーズ

昨年最も話題になった映画作品の1つといえば『ローグ・ワン』でしょう。大人気スターウォーズの初スピンオフ作品。エピソード7が2015年に公開したこともありファンには嬉しいスピード感で作品が公開されました。既に鑑賞した方で2回以上観た、なんて話を結構耳にします。

あっちこっちで流れるネタバレを含んだ情報に耳を塞ぎながら過ごしていたのですが、やっと見に行く事ができました。感想は…第一に『切ない』次に『興奮』です。スターウォーズシリーズの中で1番エモーショナルな作品だと感じました。

この作品は、エピソード4時にレイア姫が手にしていたデススターの設計図を奪うまでのストーリーです。迫真の戦場光景やショッキングな内容を盛り込んだ内容は、無邪気なエンターテイメントでは味わえない感動があり、ラストは涙してしまいました。そしてファンへの大サービスと言わんばかりにダースベイダーが暴れます。2回以上観たくなる気持ちがわかりました。 

そもそもスターウォーズは、日本映画、特に黒澤明監督の作品に多大な影響を受けているのはご存知ですか?

ジョージ・ルーカス監督は実際に1stエピソード4を製作の際、三船敏郎に出演のオファーをしており、一説にはオビワン・ケノービ役を…またダースベイダーは、三船氏が断ったから黒い仮面(伊達政宗の甲冑)のキャラクターになった…などの説があります。(三船は『子供の映画には出ない!』と断ったようですが)

スターウォーズ歴代キャラクターやネーミングも
ジェダイ=時代
ハン・ソロ=服部半蔵
オビワン=帯
アミダラ姫=阿弥陀如来

などなど言われています…

本作ローグ・ワンも”七人の侍”“座隠し砦の三悪人”。また“座頭市”等々、日本映画・日本文化のメタファーを十二分に感じる仕上がりになっています。世界一の興行を誇るスターウォーズシリーズには、日本の伝統・文化、日本の名作がオマージュされているのです。

10代の頃田舎の小さなシネマで観たスターウォーズは大好きなSF映画で、あの頃某飲料メーカーの付録としてついていたキャラクターストラップを集めていた記憶が懐かしく感じられます。最近はMRを手がけるマジックリープと、ILMxLabの新コンテンツについての話題も有り最新テクノロジーを駆使したスター・ウォーズ作品の登場が非常に楽しみです!

半端じゃない!超過激な役作り|話題の俳優『ジャレッド・レト』

スーサイド・スクワッドのジョーカー役では怪演をみせたジャレット・レト。

作品によって別人に見える役作り…まさに俳優魂!数々の作品に出演し、ミュージシャンや慈善活動家としても活躍するジャレッド・レト。彼の出演作と共に超過激な役作りをご覧ください。

jared-leto-1

ジャレット・レト


1971年12月26日ルイジアナ州生まれ。現在45歳。幼少期は母親や兄弟とともにワイオミング、コロラド、ヴァージニア、ハイチなどを転々として育つ。高校卒業後、絵画を学ぶためにフィラデルフィアの学校に入学するが、途中で俳優を志すようになりニューヨークへ移る。その後1992年にロサンゼルスに移り、ミュージシャンを志すが、2年後にはテレビ出演するようになる。友人と兄弟とのバンド、「30 Seconds To Mars」のギター&ボーカル担当。

レクイエム・フォー・ドリーム』(Requiem for a Dream


unknown

2009年にイギリスの映画雑誌「エンパイア」が発表した「落ち込む映画」ランキングで第1位に選ばれた作品。

ニューヨーク・ブルックリンにあるコニーランドの団地に住む未亡人のサラは、一日中テレビを見る孤独な生活を送っていた。一人息子のハリーは高校を卒業するも、定職につかず、親友のタイロンと一緒にヘロインに溺れる日々。サラの大切なテレビを質に出し、そのお金でまたヘロインを買う、何の希望もない日々の中でハリー達は金儲けのためにヘロインの密売を始める。母親のサラはダイエットピルと称した薬物に手を出し、幻覚や禁断症状に苦しみながら、やつれていき、ハリーとタイロンは違法薬物の密売で投獄される。若者や人間の夢や希望が跡形もなく崩壊していく様を描いた絶望映画。

images-2

この作品で薬物中毒のハリーを演じたレト。徐々に痩せこけ、虚ろで危険な人物を演じるために食事を厳しく制限し、約11.3キログラムも減量。またブルックリンを彷徨い、自分の人生を見失った麻薬中毒者、アロノフスキーの見ていた世界を体得するために、レトは路上で生活することに挑戦しました。本人が『インディペンデント』紙に語ったところによると、「いつも空腹を感じていた。撮影現場では気絶しそうだった」。とのこと。肉体的な苦痛だけではなく、健康問題も発生する程追い込んだ役作り…、路上生活までするなんて凄すぎです。

 

ダラス・バイヤーズクラブ』(Dallas Buyers Club


unknown-1

数々の賞にノミネートされた有名作品実在した人物の話です。

1985年、ロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探すためメキシコへ向かい、本国への密輸を試みる。偶然出会った性同一性障害でエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レトー)と一緒に、国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立する。今まで知らなかった病に苦しむ人たちとの出会い、差別を受けながらも彼らは生にしがみつき、諦めず懸命に生きる、そんな人間達や周囲を写した映画。

img_3_m

レトは約18キログラム減量。出演が決まった1か月ほど前に痩せるために固形食を口にしなかったというほど。作中でもレトの脚や腕などは本当に細く華奢な体型をしていました。撮影中はずっと役柄になりきって、ワックス脱毛したり、気力や体力、話し方や動きを徹底してたそうです。そもそも18キロはちょっと頑張ったくらいで痩せられる体重じゃないですよね

チャプター27』(Chapter 27


unknown-2

1980年12月8日に起きた、ビートルズのジョン・レノン殺害事件の衝撃作。

殺害犯マーク・デイヴィッド・チャップマン本人に取材した「ジョン・レノンを殺した男」を基に、彼が凶行に及ぶまでの3日間の経緯を描いた作品。

1980年12月6日、ニューヨークを訪れたマーク・デイヴィッド・チャップマン(ジャレッド・レトー)は、ジョン・レノンが住むダコタハウスに向かう。レノンのファンであり、彼に会うためにここまで来たという。しかし、予定通りにいかずなかなか彼に出会うことができない日が続いた。ニューヨークに来てから3日目の朝、チャップマンは「今日が実行の日だ」と確信する。

img_1

この作品でレトは30キロの増量。元々太りにくい体質だという彼。減量よりもきついのではないかと思われる増量にはアイスクリームを液体状で飲んでいたんだそうです。もう誰だかわからないレベルで、声まで別人ですね。この撮影で増えた体型を戻すのに約1年もかかり、痛風にまでなったという…撮影期間中には、夢の中にまでチャップマンが出てくるほど役に入り込み「これまでの人生の中で最も凄まじい経験」と後に本人が語っています。


その他にも、「ファイトクラブ」、「ロード・オブ・ウォー」など数々の作品で違った役を演じています。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%881それぞれの役を並べてみました、いかがでしょうか。皆さんも衝撃を受けたと思いますが『チャプター27』のジャレット・レトは目を引きます。最近のGUCCIのCMの男前ぶりからは想像できないですね、特に驚いたのが現在45歳という点、若いというのか全く老けていない…。

このような作品が出来る以前のから始まる役作りを繰り返しながら映画は作品として成り立っていくのでしょう。そう思うと作品だけでなく俳優・女優に注目しながら生産背景を知るのも面白みの一つではないでしょうか?

ネット社会の怖さ?インターネット、SNS上の事件映画『ディス/コネクト』

次期米大統領に決まった共和党のドナルド・トランプ氏は、大統領選での勝利にはTwitterなどのソーシャルメディアを挑発的に活用したことが役立ったと語り、同氏は「最高のコミュニケーション手段」と評しています

ソーシャルメディア上でのエンゲージメントが実際の投票に影響を与え、トランプ氏が大統領になる可能性が出てくることはわかっていませんでしたが、大統領選挙後には大きくsnsの影響力が注目されました。


総務省の調査によると

最近約1年以内に利用した経験のあるSNSを尋ねたところ、LINE(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)の順となった。それぞれ実名(本名又はこれに準ずる氏名)、匿名(実名以外)のどちらで利用しているかを尋ねたところ、実名利用率(全利用者数に対する実名利用者数の比率)が高かったのはFacebook(84.8%)、LINE(62.8%)であり、低かったのはmixi(21.6%)Twitter(23.5%)

総務省ホームページより引用

 

SNSの利用率及び実名利用率

n420-1

(出典)総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成27年)

リアルタイムで情報が公開され、色々な専門家をフォローすることで、色々な角度から見た情報が得られ、自身でそれらの情報享受をカスタマイズできます。しかし一方で情報や断片的な情報を入手した際、何が真実で何が真実でないかを見極めなければいけないと言われています。

そこで今回はソーシャルメディアを題材にした映画の紹介です!

『ディス/コネクト』(Disconnect)


163905_01

ストーリー


ある少年が、SNS上での嫌がらせを原因に自殺未遂で意識不明に。父親は、息子がなぜ自殺を図ったのかがわからない。一方、嫌がらせをしていた少年は、元刑事の厳格な父との父子家庭で愛情に飢えていた。ソーシャルメディアをきっかけに起きてしまった事件。息子の自殺の原因がまったくわからず困惑する。

「SNSによる成りすましイジメの問題」、「チャット依存症」、「個人情報の流出」、「報道倫理」、「未成年者の売春」

などなど、現実にありそうな問題を描きながらネット社会における危険性をシリアスに描いた人間ドラマです。ネットに関係した事件を複数並行しながらのストーリー展開し、リアリティのある怖さと他人事とは思えない事件。しかし、この映画ではソーシャルメディアをとにかく否定しているわけではありません。重い話ですが、最終的なオチどころがなんとも言えない終わり方で、そういったところにもリアリティを感じました。

e58699e79c9f-2014-06-03-10-22-13

現代社会の問題にフォーカスしたシリアスな事件と家族愛についてのストーリー、決して面白おかしい話ではないですが、緊張感やドキドキがある人間的葛藤を見ては如何でしょうか?

【傑作】『True Detective』(トゥルーディテクティブ)豪華演技派キャスト!海外ドラマ|カルトミステリー

私自身、人からお勧めされて観ても途中で挫折してしまう、海外ドラマ初心者です。しかし、これまで知る海外ドラマにない壮絶さと興奮で『ヤバイ』と思えた作品を今回紹介します。

(※極力ネタバレはしません)


『True Detective』(トゥルーディテクティブ)

cgxl2tiu4aeq5e4


【作品情報】

タイトル:TRUE DETECTIVE/二人の刑事 (ファースト・シーズン)

製作:スティーヴ・ゴリン

脚本:ニック・ピゾラッド

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ

エピソード:60分×8話

出演:マシュー・マコノヒー、ウッディ・ハレルソン


ストーリー

images

1995年、ルイジアナ州の小さな田舎町で娼婦の死体が発見される。捜査を任された2人の刑事ラスティン・コールとマーティン・ハートは、オカルト儀式のような現場の状況と残忍な手口から連続殺人鬼の凶行と判断。僅かな手がかりをもとに、犯人の行方を追っていく。
時は移って2012年。かつてのオカルト殺人と酷似した死体が発見されたことから事件の再調査が始まり、今は引退したコールとハートが警察署に呼び戻される。果たして、これは同一犯による犯行なのか、それとも模倣殺人なのか。そして、この17年間で2人の間に何があったのか… 。公式サイトより引用


このドラマは「過去」と「現在」の時系列がバラバラになってストーリーが展開されます。

「過去」は1995年の事件発生から2002年まで。「現在」は2012年。冒頭は2人の元刑事が過去を話すところから始まり、一つの猟奇殺人事件をきっかけに17年間二人の刑事に起きたことが明かされていきます。

e0059574_583689

独特の呪術的な描写がたくさんあり、ミステリアスでなんとも言えない怖さを演出。ストーリーが進むにつれ謎が深まります。

「現在」から「過去」へと振り返る中で、二人の会話の中にヒントが数多く残され、事件の真相がどうなっているのか、不安と興味で釘付けになりました。

そして、豪華キャストも見どころの一つ。

今まで海外ドラマに対して、少し安っぽさというか完成されてない感覚があったのですが、やはり、主演を務める刑事二人の俳優の凄さが際立っています。

maxresdefault

マシュー・マコノヒーは映画『ダラス・バイヤーズクラブ』であらゆる映画賞の主演賞を総ナメにし、その演技力と役者としての技量が多くの人に評価されていることはとても有名です。そしてもう一人が、映画『ハンガーゲーム』や『ゾンビランド』『ノーカントリー』など数々の有名作品に出演し、その役の幅の広さや演技力で人気の衰えを知らない名優ウディ・ハレルソンです。

マシューが、アカデミー賞主演男優賞受賞後に放送された最終話の第8話は、視聴者数が100万人以上跳ね上がり、オンラインで配信した直後にはサーバーがダウンするという現象が起き、ニュースにもなったそうです。


二人の対照的な刑事のコンビが事件解決に奮闘する姿、それぞれの思惑や過去が人間としての姿にリアリティを感じました。

一筋縄ではいかないこの難事件にどんなラストが待っているのでしょうか、。

動画観ましたか?この怪しげな雰囲気、かなりヤバめですよね。

海外ドラマの派手な要素はあまりありませんが、サスペンスやヒューマンドラマなど重厚な内容のドラマです。カルトやミステリー、例えばデヴィッド・フィンチャー監督やドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作品が好きな方は是非お勧めしたいです。

ストーリーは淡々と流れて行き、気がつくと没頭し、観終えた後しばらく引きずる面白さがある作品です。(個人的にオープニングがセンス良すぎてツボです。)

人間と人工知能

『エクス・マキナ』監督:アレックス・ガーランド

 皆さんはどのくらい人工知能に関心がありますか?

 世界規模で人工知能に対して関心が高まり今後の生活やビジネスにおいても

 重要な存在となっています。

なんというかとてもカルトっぽい話ですが

実際にAIに対して危険視しているエリエゼル・ユドカウスキーが行ったテスト、

「AIボックス実験」が元になっているのではないかと思います。


検索エンジンの世界最大の会社「ブルーブック」に勤めるプログラマーのケイレヴは

ある日社内抽選に当選し、社長のネイサンと初対面し

人類史上偉業となる実験に参加することに。

 その実験とは世界初の人工知能ロボット

「エヴァ」とのチューリングテスト。

彼女が思考と知能を発揮できるか

ケイレヴとガラスを隔てたセッションが1週間行われます。

案の定、セッションを重ねていくうちに彼女に惹かれ、

機械としてではなく情を持ち始めるように

そして「エヴァ」の開発者ネイサンに疑念を抱くように。


哲学的で難しく感じる点も少なからずありましたが

様々なシンメトリーから織り成す世界がとても芸術的に感じました。

男性と女性、ポロックの絵、洋と和、自然と人工物、そして人間とAI。

 このストーリーに出てくる話が

まさにグー◯ル、フェイ◯ブックの事を言っているような…

検索サービス同士は共有され、私たちが何を検索し、どこに行き、何を買ったのか

どうやってブラウザしているのか収集しています。

多くの人の個人データが掻き集められ巨大なデータとなっているのです。

現実でも常にこのビック・データを使いサービスに生かされています。

脳全てのプロセスに相当するアルゴリズムが作られれば

それは『脳』であるが、脳を模倣した機械なのか…。

難しいですね 笑


日本でもヒューマノロイド「ペッパー」が人の感情を読み取って行動したり、

一流のプロ棋士とコンピュータの対決「将棋電王戦」などロボットやAIが話題です。

好き嫌いがある作品ですが私はとてもお勧めしたいです。

2016上半期ベスト4選【過去記事】

第4位

『ロブスター』

 未婚者は矯正施設に入居させられそこでお互いにパートナーを見つけなければ

動物にさせられてしまうというストーリー、

もちろんタイムリミットがあり、変わった制約を強いられる施設生活の中で

それぞれの思惑が画策します。

人の動作や言葉、風景や生活がシュールコメディ、

独特な雰囲気で奇妙な世界、

でもどこか近未来や現代社会を感じさせるような話です。

コリンファレル、レイチェルワイズ、ジョンCライリー、レアセドゥなど

豪華キャストも魅力的ですし

笑ってしまうところが多く、変わったテンポが面白い作品です。


 第3位

『キャロル』

話題になったので観た方も多いのではないでしょうか、

50年代のニューヨークを舞台に、テレーズ(ルーニーマーラ)が成長し、

芯のある女性へと少女から変わっていく物語。

テレーズの無邪気で純粋な恋心が本当に美しいです。

この時代の女性観から生まれる差別を受けながら

人生の選択をキャロルという女性との出会いから大きく影響されて行きます。

またキャロルという女性の過去や家庭、

自立した女性の凛々しさや、弱さと強さ。

言葉を交わさなくても

見つめ合うことでお互い分かり合えるシーンなど

瞳にフォーカスした撮影方法や息遣い、色彩、50年代の衣装がとても素敵です。


 第2位

『エクス・マキナ』

 この作品は本当は本当に観ていて興奮しました。

なんというか、なかなか難しい世界のカルト色強い作品なんですが

事実現代に繫り直面すると囁かれている話です。

機械と人間の間には圧倒的で理解できない違いと

人間の持つ感情は複雑ですが簡単に掌握できてしまうという事が

何度も繰り返されるセッションで露呈していきます。

第1位

『ボーダーライン』

戦場以外で地球上で最も危険と言われる地域の

メキシコの麻薬カルテル殲滅のためにエミリーブラント演じる

FBI捜査官が潜入し麻薬組織と対峙していきます。

地元警察の中にも組織と組んで者や買収されている民間人、

それが日常的に描かれ、

エミリーブラントはどこまで踏み込んでいいのか

何が正義なのか、当たり前にあったそれまでの

正義感とは何か疑問を感じていきます。

当たり前のように人が死に

殺し合う現場で一瞬の迷いは命取り、

そこから来る不安さえ抱いてはいけない現場。

まるで軽い仕事をするような特別捜査官たち。

なぜ彼らがこのようになっているのか

血も涙もないような完璧な仕事ぶりには理由があるということ。

残虐で目を覆いたくなるシーンが多く

とてもショックを受ける映画ですが

心臓に響く重低音の音響と人間の怖さ、捜査官たちと事件。

最初から最後まで緊張感が張りつめています。

タランティーノ引退宣言?

タランティーノ監督の突然の引退宣言


内容は今後2作品制作し、自身の作品が合計で10作品となったら引退とのこと。

思い返してみると以前にも似たような出来事が…。

本当に引退してしまうのかと思うと残念です。

タランティーノ監督の作品は

非常に会話内容が面白く、撮影セット、撮影方法、音響、衣装へのこだわり。

暴力的なシーンが多く、毎度さることながら銃の威力が半端ないです。(銃ってそんな威力あるのか?と疑問が浮かびます。)

resdog03

彼がよく使う撮影方法で”トランクショット”はとても有名で多くの作品に使われ、

他にも自身の作品に出演する”出たがり”っぷりや他にはないキャスティングなど多くの作品で規格外・予想外なことをするのは有名です。

タランティーノ監督自身も根からの映画ファンで、

素人目ですが、毎度映画の面白さを教えてくれる、そう言ったエンターテイメントがあります。

今回は彼の作品の中から最高に笑える作品を紹介します。

 

Death Proof(デスプルーフ)2007年


4d2238e5fcef63c611d83d608e8f5092*あらすじ* 

美女をナンパしては死のドライブに誘うマイク。ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目をつける。いきなり車をぶつけ、しつこく追い回すマイクにブチキレた女性たちは、決死の猛反撃に挑む


前半マイクにやられ放題で、悲惨なシーンが続き悔しくなってきた頃に逆襲劇が始まり非常にスカッとします。気持ち良いぐらいのボコられ様、笑

映像もわざと傷の入ったフィルムで撮った様な演出で

グラインドハウス特有の安っぽいB級映画の雰囲気が出ています。

death-proof-kurt-russell

 


彼の作品の中で好き所は会話の内容です。

くだらない会話の中にクスッと笑ってしまう所があり、こういうの日常的にあるよなあと共感。

また、劇中の小物も見どころの一つです。

前のシーンとの繋がりや、全体のコンセプトとの一致など。

だからこそ何度も見返したくなる、そういう所が多くの人を魅了している理由の一つなんだろうと思います。 

突然の引退宣言を受け衝撃を受けましたが、宣言通りであれば後の2作品とても楽しみです!