タランティーノ引退宣言?

タランティーノ監督の突然の引退宣言


内容は今後2作品制作し、自身の作品が合計で10作品となったら引退とのこと。

思い返してみると以前にも似たような出来事が…。

本当に引退してしまうのかと思うと残念です。

タランティーノ監督の作品は

非常に会話内容が面白く、撮影セット、撮影方法、音響、衣装へのこだわり。

暴力的なシーンが多く、毎度さることながら銃の威力が半端ないです。(銃ってそんな威力あるのか?と疑問が浮かびます。)

resdog03

彼がよく使う撮影方法で”トランクショット”はとても有名で多くの作品に使われ、

他にも自身の作品に出演する”出たがり”っぷりや他にはないキャスティングなど多くの作品で規格外・予想外なことをするのは有名です。

タランティーノ監督自身も根からの映画ファンで、

素人目ですが、毎度映画の面白さを教えてくれる、そう言ったエンターテイメントがあります。

今回は彼の作品の中から最高に笑える作品を紹介します。

 

Death Proof(デスプルーフ)2007年


4d2238e5fcef63c611d83d608e8f5092*あらすじ* 

美女をナンパしては死のドライブに誘うマイク。ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目をつける。いきなり車をぶつけ、しつこく追い回すマイクにブチキレた女性たちは、決死の猛反撃に挑む


前半マイクにやられ放題で、悲惨なシーンが続き悔しくなってきた頃に逆襲劇が始まり非常にスカッとします。気持ち良いぐらいのボコられ様、笑

映像もわざと傷の入ったフィルムで撮った様な演出で

グラインドハウス特有の安っぽいB級映画の雰囲気が出ています。

death-proof-kurt-russell

 


彼の作品の中で好き所は会話の内容です。

くだらない会話の中にクスッと笑ってしまう所があり、こういうの日常的にあるよなあと共感。

また、劇中の小物も見どころの一つです。

前のシーンとの繋がりや、全体のコンセプトとの一致など。

だからこそ何度も見返したくなる、そういう所が多くの人を魅了している理由の一つなんだろうと思います。 

突然の引退宣言を受け衝撃を受けましたが、宣言通りであれば後の2作品とても楽しみです!