【聖杯たちの騎士】「つまりエモすぎて眠くなったのである。」

『クリスチャン・ベイル』、『ケイト・ブランシェット』、『ナタリー・ポートマン』。このビッグネームが出演する映画「聖杯たちの騎士」を観に行った。事前に映画評価を見るのは野暮な事だと思いつつ映画をクリップできるアプリケーションで検索して見ると「眠くなった」「結局何が言いたいのかわからなかった」「意味不明」となかなかの低評価。高評価している人もいるのだが、そういった人達は映画マニアかもしれない、と疑いながら上映がスタートした。

 

聖杯たちの騎士』(原題: Knight of Cups)2015年 アメリカ合衆国

story


映画脚家としてハリウッドで成功したリック(クリスチャン・ベイル)は豪邸やセレブたちのパーティ、誘惑的なクラブ、華やかで享楽的な世界を過ごしていた。しかし、そのような生活の中でリックは「何故私はここにいるのか」「ここではないどこかへ行きたい」と感じていた。そして自分を見失ったリックは6人の女性との出会いへ導かれていく。

 

 

老いた父と将来の可能性を諦めてしまった弟との関係、女性達との関係が同列に進み、ストーリーは途切れ途切れで、全貌が掴めない。劇的な出来事がなく、アンニュイな雰囲気と寂しげなリックの顔が印象的だった。もちろん関係はどの女性も長続きしない。

 


 

Knight of Cupsという名前通り、この映画では『聖杯』は女性達を指し、『騎士』は主人公のリックを指す。「cups」(カップス)と複数形を用いていることから複数の女性を手にした「knight」は女たらしという意味にもなる。聖杯はキリストの血を受けた杯であるが、この映画では聖杯と女性など、複数の意味を含んでいる。ヨーロッパで語られてきた、聖杯伝説を女性に置き換えている感じもした。

「別の人間の人生を歩んできた」という語りが劇中にある。はっきり繋がらない断片的な記憶の映像が流れ、リックが水の中に飛び込むシーンが繰り返される。他人事のように流れる生活の中で、新しい世界を望みながら死と再生の儀式を何度も行う。

 

 

断片的かつスローモーションに流れる映像の中で、度々人の背中が映し出されスクリーンの中の人物と同じ目線になる。映像は美しいし、出てくる女性はみんな美女。オチを期待して見てたら、最終的に裏切られる結果。落ちはないからって感じなのかも。

見た人はこの状況を把握できず、それがリックの人生と重なる。結局「あれは何だったんだ?」と思った。

中盤を過ぎたあたりで館内の色んな所から「ガタッ」「ドスッ」という音が聞こえてきた。何となく分かった。つまりエモすぎて眠くなったのである。

『ローグ・ワン』日本文化のメタファーを感じるスター・ウォーズ

昨年最も話題になった映画作品の1つといえば『ローグ・ワン』でしょう。大人気スターウォーズの初スピンオフ作品。エピソード7が2015年に公開したこともありファンには嬉しいスピード感で作品が公開されました。既に鑑賞した方で2回以上観た、なんて話を結構耳にします。

あっちこっちで流れるネタバレを含んだ情報に耳を塞ぎながら過ごしていたのですが、やっと見に行く事ができました。感想は…第一に『切ない』次に『興奮』です。スターウォーズシリーズの中で1番エモーショナルな作品だと感じました。

この作品は、エピソード4時にレイア姫が手にしていたデススターの設計図を奪うまでのストーリーです。迫真の戦場光景やショッキングな内容を盛り込んだ内容は、無邪気なエンターテイメントでは味わえない感動があり、ラストは涙してしまいました。そしてファンへの大サービスと言わんばかりにダースベイダーが暴れます。2回以上観たくなる気持ちがわかりました。 

そもそもスターウォーズは、日本映画、特に黒澤明監督の作品に多大な影響を受けているのはご存知ですか?

ジョージ・ルーカス監督は実際に1stエピソード4を製作の際、三船敏郎に出演のオファーをしており、一説にはオビワン・ケノービ役を…またダースベイダーは、三船氏が断ったから黒い仮面(伊達政宗の甲冑)のキャラクターになった…などの説があります。(三船は『子供の映画には出ない!』と断ったようですが)

スターウォーズ歴代キャラクターやネーミングも
ジェダイ=時代
ハン・ソロ=服部半蔵
オビワン=帯
アミダラ姫=阿弥陀如来

などなど言われています…

本作ローグ・ワンも”七人の侍”“座隠し砦の三悪人”。また“座頭市”等々、日本映画・日本文化のメタファーを十二分に感じる仕上がりになっています。世界一の興行を誇るスターウォーズシリーズには、日本の伝統・文化、日本の名作がオマージュされているのです。

10代の頃田舎の小さなシネマで観たスターウォーズは大好きなSF映画で、あの頃某飲料メーカーの付録としてついていたキャラクターストラップを集めていた記憶が懐かしく感じられます。最近はMRを手がけるマジックリープと、ILMxLabの新コンテンツについての話題も有り最新テクノロジーを駆使したスター・ウォーズ作品の登場が非常に楽しみです!

元古着屋スタッフのニッチな古着選びのポイント!

完全に出遅れた感が満載ですが、新年明けましておめでとうございます!既に2017年がスタートして早6日目。気を引き締め、2016年より成長の1年にしていきたいと思っています。

アパレルショップではセールがスタートし、狙っていた服を買ったり、福袋を買った方も多いのではないでしょうか?セール品の隣に新作の洋服が並んでおり、春服の季節が待ち遠しくなります。古着屋のスタッフとして働いていたことから古着にはまってしまい、最近は専ら古着を買うことが多いです。今回は私なりに古着を買うときのポイントをまとめてみました。

 

見るべきポイント6選


 

1.サイズ感を確かめる

海外買い付けの古着は規格が様々、自分のサイズにぴったり合う古着と出会うことは非常に稀です。特にミリタリーはほぼ男性用のためサイズが大きいものが多く、オーバーサイズが流行っているといってもアームホールの大きさや、レングスが長過ぎるとリサイズに出さなければなりません。少し面倒かもしれませんが、実際に試着してみることがとっても重要です!見た目に反して意外にシルエットが違ったり、ウエストが緩かったり…、何てことがよくあります。

 

2.原産国を見る

何故なら、今の既製服はほとんどが中国、マカオ、ベトナムなどで製造されているものが多いです。古着の良いところは希少性が挙げられます。せっかく買うなら、希少なものを選んでみては如何でしょうか?個人的に、相当デザインが気に入ったもの以外は「Made in USA」や「ユーロ系」の古着が良いというポリシーがあります。タグをチェックすることはとても重要なんです。

 

3.繊維を見る

タグを見ることで、原産国を知る以外に製品が何の繊維でできているかも見ることができます。今の季節でしたら、ニット製品は動物性の繊維が保温性に優れているのでそちらの方が良いと思います。昔に製造されたものはウール製がほとんど、しかしウールによく似た風合いのアクリル製のものが並んでいる場合もあります。もちろん、ウールはチクチクするから嫌!という人には良いですが、古着はジロンラムウール(特にスコットランド製)という、柔らかく上質なウール素材で作られていたりします。以外に見落としがちな製品表示ですが、見ると珍しい組み合わせで作られたものや、上質なもので作られている場合があります。

 

4.タグのデザイン

タグが可愛いと買ってしまう!そんなこともあります。非常に理解しがたいかと思いますが、有名な老舗ブランドですと、年代によってタグデザインが変わったり、古いものは刺繍が細かいものが多いです。加えてサークルにRが入ったマークをレジスターマークというのですが、このマークが無いものは60年代以降に製造されたものかもしれません。小さなスペースに細かいデザインを入れ、尚且つ人から見えないタグへの「こだわり」…、感動します。

 

5.ジップデザイン

現在はYKKのジップがほとんどなのですが、古着ですと様々なジップがあります。形もユニークで、機能性を考慮した形は細部までの「こだわり」が垣間見えてとても面白いです。しかし、古いものになればなるほど、ジップが壊れたのか付け替えられているものも。これは非常に由々しき問題でもあり、ジップ一つでその古着の価値が大幅に変わります。またジッパーフライの製品は脆くなっているものもあるので、今後も着用し続けたい場合はしっかりと見ておくことが必要です。

 

6.自分の許容範囲外の汚れや傷はないか

以外に傷や汚れがあることもあります。ボロ、言い間違えました、「グランジ」も古着の醍醐味です、しかしどのような場面で着用したいのか考えて状態には気をつけ、特にアウターなどは裏地の状態も見ておくことが必要です。以前買ったアウターのポケットが中でほつれてスマートフォンが落下したなんてことがあります。ビンテージですと「超美品」は全くないですが、レギュラー古着の中にも稀に状態が良くないものがあるので選ぶ際は気にした方がいいと思います。

 

今ほど製造表示がしっかりと記載されておらず、タグが欠損していたり。現在製造されてるものとは違いイレギュラーな点が多い古着ですが、去年雑誌では古着特集が組まれ古着の街中目黒に「中目黒高架下」ができました。古着が再び注目を集め始めているように感じます。ぜひ、古着屋さんに行った際はこのようなポイントを考慮してみては如何でしょうか? 以上、元古着屋スタッフのニッチな古着の選び方でした。